きみに花束を。 舟木一夫さんコンサートの感想など

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 昭和の歌人たち 作詞家 西條八十TOP舟木一夫さん ≫ 昭和の歌人たち 作詞家 西條八十

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
↑拍手が励みになります。ありがとうございます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)

昭和の歌人たち 作詞家 西條八十

WS000006 (3)

3月2日に、BSプレミアムでやっていた、
昭和の歌人たち「作詞家 西條八十~“王将”“青い山脈”~」
をみました。

西條先生の作詞された歌を紹介するこの番組。
「東京音頭」「王将」「かなりや」など
バラエティに富んだ歌が歌われていました。

オープニングの全員での「東京音頭」から、
舟木さんはセンターポジションで登場。
なかなかの大御所感だわ(^-^)
そして、舟木さん個人としては、「花咲く乙女たち」
「夕笛」「絶唱」の披露でした。

大方の出演者がカバー曲を歌われる中、自分の持ち歌として
西條作品を歌い続けている舟木さんのこと、
天国の西條先生もきっと嬉しいでしょうね。

舟木さんの笑顔が多かったです。
改めて、舟木さんが西條先生のことをとても慕っているのが、
すごく伝わってきました。
今回、作曲家の船村徹先生のギターに合わせて歌われた
「夕笛」では、歌い終わったとき、感極まった様子でした。
舟木さんからお願いしたという、歌の共演。
念願が叶った瞬間だったのでしょうね。

船村先生とのトークも面白かったです。
船村先生も、なかなかチャーミングなお方ですね。
「夕笛」は8小節しか音がついてなくて、それを7回繰り返す曲。
当時レコーディングのとき、「先生、ずるくないですか?」
なんて船村先生に素直に訊けちゃう舟木青年(笑)
それを何とかするのが歌い手だと切り返す船村先生もさすが(笑)

船村先生からは、「僕は(自作の)夕笛より、絶唱の方が好きだな~」なんて発言も飛び出し、舟木さんも苦笑い(笑)

番組最後の全員での「青い山脈」では、舟木さん、
隣りの氷川きよしさんと何度も顔を合わせて、
ちょっと照れつつニコニコ(^-^)
西條先生の素晴らしい作品を、若い人が歌い継いでくれるの、
嬉しかったでしょうね。
素敵な番組でした。

こちらの、氷川きよしさんファンの方のサイトに、
番組こぼれ話が載っていましたよ。
うふふ(´∀`*)やっぱり舟木さん、隣のきよしくんの
身長が高いの、ちょっぴり気にしていたのね(笑)
こぼれ話、楽しく読ませていただきました。

WS000005 (5)
web拍手 by FC2
↑拍手が励みになります。ありがとうございます。
舟木一夫さん | コメント(0) | トラックバック(-)

コメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。