きみに花束を。 舟木一夫さんコンサートの感想など

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 12月3日新橋演舞場 昼TOP舟木一夫さん ≫ 12月3日新橋演舞場 昼

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
↑拍手が励みになります。ありがとうございます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)

12月3日新橋演舞場 昼

ご無沙汰の更新です。
こんにちは。

今年もあと1ヶ月を切ってしまい、なんて一年が経つのは早いんだろう!と驚くばかりです。

この一年、ブログに書いた以外にも、何度も舟木さんのコンサートを楽しませてもらいました。

あぁ、もっと筆まめだったら、コンサートの楽しさをもっとブログに残しておけたのに…!なんて想いもあるのですが、日々の忙しさに、かまけてしまいましたm(_ _)m



では、気を取り直して。


新橋演舞場での舟木一夫特別公演が始まりましたね!(≧▽≦)




「『華の天保六花撰』どうせ散るなら」
さっそく、12月3日の昼公演を見てきました。

笑いどころも多い、なかなか面白くてテンポもいいお芝居でした。笹野さんのお芝居にも笑っちゃう〜。

舟木さんの所作一つ一つが美しくって、何気なく座ってるシーンでも、絵になるなあ〜と見とれちゃいました。

最後の大立ち回りもすごい!
あれを、1日2回もやるなんて、尋常じゃない体力だわ。


シアターコンサートのほうは、
友を送る歌からスタート。

紫のジャケットに黒のパンツ姿でした。
第一部のお芝居での始めの衣装も、紫と黒のお着物でしたから、それと合わせているのかな?

今回は週替りでB面コレクションの曲が聞けるとの事。
「いつか来るさよなら」と、私の大好きな「29小節の挽歌」‼(≧▽≦)

まさか29小節の挽歌が聞けると思って無かったので、うれしかったなぁ。

スタンディングは銭形平次。
今回は、ボールの張りが良いらしく、よく飛ぶとのこと。
私のいた3階席にもボールが飛んできました。

学園モノの曲を歌い、最後は、「絶唱」と「初恋」。

「初恋」のとき、舟木さんの歌声がちょっとくぐもっていて、「あれ、いつもと違うな。どうしたのかな?」と思い聞いていたのですが、
双眼鏡で見てみたら、目元が赤く潤んでいらっしゃいました。
感極まってしまったようです。



何十年も歌い続けるなんて並大抵な事じゃ無いし、今まで数え切れないくらい何度も歌っていても、
「今歌える喜び」を感じながら歌ってくれているんだなぁと思うと、舟木さんの歌が好きでいてホントに良かった。

アンコールは、「春はまた君を彩る」
伸びやかな歌声でした。

今月は、また舟木さんのお芝居と歌声を楽しみに行きます。
web拍手 by FC2
↑拍手が励みになります。ありがとうございます。
舟木一夫さん | コメント(0) | トラックバック(-)

コメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。